<命の源は、クリーンなものであるべき

完璧な選択

水しぶき

ウォーターサーバーと放射能の問題が気になる理由は、国内生産の水にこだわるからであるといえます。
現在、放射能の問題と全く関係のない製品として、国内生産ではなく海外生産の水を利用することができる製品が流通しようとしています。
そういった製品を購入することによって、最初から放射能汚染と一切無縁な製品を手に入れることができます。
放射能汚染の心配をしないためには、その原材料となる水の採水地が遠方であることは絶対条件です。
そして、その条件を最も満たせるのは西日本ではなく、海外の製品を利用することです。
もちろん、日本国内でも安心できる製品を導入することが出来る方法があります。
九州地方や山陰地方の水なら、海外の水と同じように利用することが出来るため、コストとのバランスで自由に選択できるといえます。

ウォーターサーバーは放射能に対する意識が現在非常に高まっているため、製品の検査が行われることはほとんどのメーカーでなされています。
その効果をさらに高めるのが、採水地にこだわった上でろ過も行っている製品です。
海外の水や、西日本の水をさらにRO水として濾過している水を利用することで、ウォーターサーバーの放射能対策は完璧になります。
完璧な選択を行って放射能対策をするならば、メーカーの特徴をよく調べて、徹底的にこだわりぬいた放射能対策がなされているメーカーの製品を選ぶと良いです。