<命の源は、クリーンなものであるべき

選び方にポイント

4つの水

ウォーターサーバーと放射能の影響を判断すること、その不安をなくすことが出来るためには製品選びの段階からこだわりを持つことが大切です。
そして、そのために選択できる選択肢として挙げられるのは、検査済みの製品を販売しているメーカーを選ぶ、ということです。
もともと放射能の影響が出ないことは十分明らかですが、その安全性を保証できるように定期的な放射能調査を行っているメーカーがあります。
そのメーカーを利用すれば、さらに安心できる製品を選ぶことができることは間違いありません。

ウォーターサーバーには、放射能の問題を回避できる方法としてろ過フィルターを通したRO水という選択肢もあります。
この選択肢を取ることによって、少なくともこの機器を導入することによる利便性を安心して享受することが可能です。
いつでも冷たい水と熱い熱湯を手元においておくことが出来る上に、従来の水道水よりも安心することが出来る。
それだけでも、RO水を選択することに大きな意味があることは間違いありません。
放射能問題に対応することが出来る製品として、放射能物質をろ過することが出来る仕様となっているRO水は十分な安心感を与えてくれます。
天然水と比較しても、確実に有害物質が除去されているという安心感にアドバンテージがあります。

ウォーターサーバーと放射能の関係はユーザーを悩ませるに十分な問題ですが、蓋を開けてみれば全く問題はありません。
ですが、それはRO水の生成段階が安心できる仕様になっている、という点です。
それよりも天然水がいい、ということであれば除去されない放射能は大きな不安材料になります。
そこで提案できるのが、天然水の採水地にこだわってみることです。
現状、放射能の懸念が起きているのは関東地方の採水地です。
ですから、西側の採水地にこだわった製品であれば、そもそも放射能の影響を受けない製品を利用できるということになります。
ウォーターサーバーを選ぶときには、そこまで気にして選ぶと安心できる天然水を手に入れられます。