<命の源は、クリーンなものであるべき

理論的な理由

溢れだす水

ウォーターサーバーは放射能の影響を受ける製品ではない。このように断言できるのは、製品供給段階に必要な、精製段階で放射能を除去することが出来る技術が存在するという点があるからです。
多くのウォーターサーバーに採用されている、RO水という精製水。この製品には、元が水道水であることから不安を感じる声も少なくありません。
ですが、その不安は一切的を射ていないことが、精製技術に関してちょっと学べばわかります。

まず、日本のRO水を精製するために設定されている安全基準は非常に厳しいです。
その安全順を満たすために設計されたろ過フィルターは、いわゆる放射能の影響となる放射性物質を通す隙間を持ちません。
フィルターの目よりも、プルトニウムを始めとする放射能を形成する物質のほうが大きいと断言されています。
結果、RO水のろ過フィルターは放射能汚染水だったとしても、安全性を十分確保することが出来る浄化機能を持っているため、放射能に不安を感じることは一切ありません。

ウォーターサーバーに利用される水の中でも、天然水に対する放射能の不安はRO水と同じように消えることがありません。
ですが、その不安も取り越し苦労に過ぎないと断言できます。
なぜならば、天然水の採水に必要な地下水脈まで放射能が到達することは、早くても数十年後、もしくは何百年後といった大きな単位でしかありえないからです。
結果、採水地からろ過されることなく配送される天然水も、十分放射能に対する安全性はあるといえます。